収納ボックス/収納ラック キャンプグッズ 自作テーブル

ユニフレームのフィールドラックの天板を自作してみました。

今回は、ユニフレームのフィールドラックの天板を自作してみました。
ユニフレームのフィールドラックは多用途に利用できるラックです。
image.jpeg

また、純正オプションの天板を組み合わせることでローテーブルにもなるのが特徴です。
611654_02.jpg
しかし、この天板、少し高いんです。
特に、天然木タイプのものは、本体とほぼ同じ値段!!

ユニフレーム
¥4,200 (2022/06/13 09:25時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング


という訳で、これぐらい自分で作れるだろうと、ホームセンターに向かいます。
っと、その前に仕様を調査。

フィールドラックWOOD天板の詳細

●サイズ:592×342×9mm
●材質:シナベニヤ合板
image.jpeg


シナベニヤはホームセンターでも売ってますので、上記の近いサイズのものを購入。
面倒なので、サイズを伝えてカットしてもらいました。
値段は1200円ぐらいでした。

自宅に持ち帰り、加工します。

加工とはいっても、サイズはカットしてもらったのでほぼピッタリなので、最後の微調整、角を削る作業です。
image.jpeg


板の上に本体を乗せて、角のアールの部分をペンで印をつけて、それにあわせて角を削ります。
image.jpeg


作業台としても優秀なフィールドラック(笑)
一旦、適当にノコギリで角を落とします。
image.jpeg


あとはヤスリでゴリゴリ
image.jpeg

柔らかい合板なので、すぐに削れました。
ここまで10分ぐらい。

はい、完成。
image.jpeg

適当にやった割にはなかなか良い感じのフィット感。

こちらは本家。


ちょっとだけ風合いが違いますが、クリアのラッカーなど塗ればより近づくかも。
image.jpeg

ワックス塗ってアンティークぽっくしても良いかもです。
あと、本家のものは裏に溝がありました。
image.jpeg

おそらく、この足を引っ掛けた部分の干渉を考慮してのことかも。
image.jpeg

溝が無くても、そんなにガタつきは感じないのですが・・・
image.jpeg

一応、彫刻刀で該当部分を削っておきました。
image.jpeg

ロゴ以外はそれほど遜色ない感じに仕上がったと思います。
image.jpeg

今回は本体を1台しか所有していないので1枚しか作りませんでしたが、購入時のシナベニアのサイズを考えれば2枚作れると、1枚辺りのコストをもっと下げれると思います。

シナベニアの加工は本当に簡単なのでオススメですよ。

フィールドラック天板は以下のものがあります。

ユニフレーム
¥4,200 (2022/06/13 09:25時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
sotosotodays -ソトソトデイズ-
¥4,200 (2022/06/13 09:26時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ナチュラム 楽天市場支店
¥2,900 (2022/06/13 09:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
sotosotodays -ソトソトデイズ-
¥2,900 (2022/06/13 09:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
sotosotodays -ソトソトデイズ-
¥2,545 (2022/06/13 09:29時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

おすすめ記事

1

イワタニのカセットコンロ、カセットフーBO-EXを購入したので紹介したいと思います。 カセットフーBO-EXの特徴 カセットフーBO-EXは同社のシリーズ最強火力のなんと4.1kw(3500kcal/ ...

2

ダッチオーブンの選び方の決着 去年の今頃から購入を検討して悩み続けているダッチオーブン選び。前回の記事ではダッチオーブンの選び方や特徴についてまとめていました。 ダッチオーブン選びに悩む・・・ 今も悩 ...

3

キャンプといえば焚き火!薪とライターさえあれば最低限焚き火はできますが、最近のキャンプ場では直火が禁止されていたり、もっと焚き火を快適に安全に楽しむためのグッズが沢山あります。今日はそんな焚き火をする ...

-収納ボックス/収納ラック, キャンプグッズ, 自作テーブル
-,